ストラール出版

 042-318-4658
お問い合わせ

ストラグル日誌

2023-08-01 04:09:00

伝え広めることの重要性

本は売れない、読まれないと言われる時代ですが、新刊は1日に約200冊出版されています。

 

その中で実際に書店に並ぶのは、本当にわずかなごく一部です。

ほとんどの本は、読者にその存在も知られることがありません。

 

どんなにいい本があったとしても、「こんな本があります!」と伝え続けないと読者の方が手に取ることもできません。

 

『箴言 光がみえる言葉』には、最高の英知が詰まっています。時代を越えて読み継がれる作品です。

著者である生井利幸先生に作品を扱わせていただき本当に感謝いたします。

だからこそ、もっとこの本の存在を伝え広めていかなければなりませんが、現状では全くその仕組みができていません。

 

私は今改めて反省し、人類の財産となるこの作品を伝え広める重要性と仕組みを考え、実行していく必要があります。

 

 

2023-06-05 05:10:00

カバーと帯の納品

生井利幸先生の新刊『箴言 光がみえる言葉』発売中です!ストラール書店よりすぐに発送可能です。

 

印刷会社より、新刊に使用しているカバーと帯の増し刷り分を送っていただきました。実は、取りにお伺いする予定でしたが、女性ひとりで運べる重さではないと、ご厚意により宅配便を手配してくださったものです。

 

到着してみると、想像を超えて量も重さもあり、その場で渡されていたら困ったはずです。とても助かりました。

 

早速、流通過程でカバーや帯が傷んでしまったものと交換できるように準備いたしました。

 

もし、店頭やネットショップから届いた際、カバーや帯が傷んでいる場合、すぐにお取り替えいたしますので、ストラール出版、綾部までご相談ください。

ひとりでも多くの人にこの作品が届きますように。

2023-05-31 05:16:00

いよいよ納品されます!

生井利幸先生の新刊、

『箴言 光がみえる言葉』 が本日ストラール出版へ納品されます。

お待たせいたしましたが届き次第、それぞれの場所へ発送いたします。

 

生井先生の愛ある言葉は、時には厳しく私たちを戒め、時には背中をそっと押してくれます。たくさんの情報に溢れているこの現代社会の中で、大切なものは何かを教えてくれます。

噛めば噛むほど美味しい言葉の数々をぜひ、お楽しみください!

 

 

 

2023-05-12 20:18:00

本の紙選び

生井利幸先生の新刊、「箴言 光がみえる言葉」の打ち合わせの為、印刷会社へ行ってきました。

印刷するには、印刷する文字の大きさ、フォント、バランスだけでなく、紙も大切です。

今回は本の紙選びについて書きたいと思います。

使用する紙の厚さ、色、手触り、質感、などを本のカバー、表紙、扉、本文、帯にそれぞれ適した紙を選び決めていきます。

「箴言 光がみえる言葉」は、完成品がイメージできるように、印刷会社で保管している沢山の本を参考にさせていただきました。同じ黒でも印刷後の加工によって違って見えたり、合わせて使うインクの色で黒も少し違うことなど、勉強になりました。

そして、最高の内容に恥じない装丁になるように、読者が自然にメッセージと向き合えるように、一つひとつ丁寧に決めました。ここまで一冊の本、生井先生の新刊と関わることができて、本当に幸せだと感じています。

 

6136CD4D-B220-45AA-9A00-E25E46AC5BD3.jpeg

色紙も使用します。

どこに、何色が使われているのか…お楽しみに!

 

 

 

 

 

2023-05-12 05:29:00

東京駅の書店

新刊、「箴言 光がみえる言葉」発売まであと14日です!

 

昨日は書店営業に銀座から人形町へ、そして有楽町方面に移動し東京駅まで行ってきました。

平日でしたがやはり東京駅周辺はスーツケースを持った人たちが多かったです。

東京駅には改札の中にも書店がありますが、そこは薬局と併設していて、カフェもある、という場所のようです。残念ながら今回は営業に行けませんでしたが、旅の移動中など少し時間ができたとき、「箴言 光がみえる言葉」を開いて自分と向き合うと、何か新しい経験ができるかもしれません。

ぜひ、おすすめしたいので、次回営業で行けるように工夫したいと思います。

 

 

0069A7C8-471E-4A03-9759-342E91D32E50.jpeg

写真は東京駅丸の内出口側です。

都会の中にあるレトロな姿が印象的でした。

 

 

1 2
2024.02.28 Wednesday